使用について

 

ホール使用について

ホール使用について
 
申込み前から終了後まで、下記内容を参考にして下さい。
 
 
 
 

ホール使用申込

ホール使用申込
 
●ホール予約は連続4日間以上の使用については1年前、3日間以内の使用については6ヶ月前よりの受付となります。
●仮予約の期間は1週間以内とし、1週間以内に使用確定の連絡がない場合は仮予約は取り消しとなります。
●使用確定の連絡後、「使用申込書」をお送り致しますので、必要事項記入の上1週間以内に規定の予約金を添えてお申込み下さい。(申込書は郵送、予約金は振り込みでも可)
●申込書の提出もしくは予約金の支払いが期日内に行われない場合は、予約は取り消しとなります。
●申込書及び予約金入金を確認後「使用承諾書」を発行致します。
●使用開始まで2ヶ月以内の予約については、予約時に使用料全額をお支払いただきます。
 

使用の取り消し

使用の取り消し
 
使用承諾書発行後、使用者の都合により使用を取り消した場合は、予約金は返還致しません。また、使用開始日から2ヶ月前以降の取り消しについては使用料の全額、4ヶ月前以降の取り消しについては使用料の半額をお支払いただきます。
 

使用時間

使用時間
 
●10時から22時までの12時間が規定時間となります。(22時完全退館)
●規定時間外のご使用は延長料金をいただきます。
●時間外使用をする場合は、事前に承認を得て下さい。
●いかなる場合も9時以前及び23時以降の使用はできません
 
 
 

使用の中止

使用の中止
 

ホールの使用承諾後、あるいは使用中でも、下記の様な場合は使用を中止させていただきます。この場合そのための損害賠償は致しません。

1.使用目的、内容などに著しい変更のある場合。
2.ホールの使用規定に違反した場合。
3.催し物の開催によって、ホール及び近隣の施設等の混乱が生じ、また危険が予想される時。
 

使用が不可能になった場合

使用が不可能になった場合
 
●当ホールの責により設備、備品の故障が発生し、ホール使用が不可能になった場合は、使用料を返却致します。
●天災地変、官公庁からの指導、その他当ホールの責に帰さない事由により、ホール使用が不可能になった場合は、その損害については当ホールは一切の責任を負いません。
 

使用権譲渡の禁止

使用権譲渡の禁止
 
ホール使用権の転貸、または譲渡は認めません。
 

打ち合わせ

打ち合わせ
 
●なるべく早い時期に、当ホール責任者とスケジュール、会場設営、設備等について打ち合わせを行ってください。
●使用日の遅くとも10日前までに、舞台、音響、照明等について、仕込み図、進行表、プログラム等をご持参の上、ホールスタッフと詳細に打ち合わせを行ってください。
 

スタッフ、オペレーター

スタッフ、オペレーター
 
●舞台、照明、音響のスタッフ、オペレーターは必ず主催者側でご用意ください。
●照明、音響のオペレーターは操作卓の操作可能な方をお願いします。
 
 

付属設備の使用、機器の持ち込み

付属設備の使用、機器の持ち込み
 
●特殊な機材、舞台設備(舞台機材表★印)を除いて、ホール付属の照明、音響設備の使用は無料です。
●大道具、小道具、照明、音響機器等を持ち込む時はホール側に届け出て承認を得て下さい。
●持ち込み機器の管理は、使用者側で行って下さい。
 
 
 

ポスター・展示物・物販

ポスター・展示物・物販
 
●ポスター・チラシは事前にお持ちいただければ、施設内に掲示致します。ポスター・チラシの表記について当ホールのロゴを使用する場合は申し出て下さい。
●展示物、物販については事前に申請し、ホール側の承認を得て下さい。
 
 

チケットの受託販売

チケットの受託販売
 
チケットの受託販売は行いません。
 
 

関係公官署への届出

関係公官署への届出
 
必要な公官署への届出については使用者側が早めに済ませて下さい。危険物解除届はホール事務所にあります。
 
 

必要人員

必要人員
 
●公演期間中、会場責任者を決め(その所在を明らかにしていただきます)、連絡はその方を通じて行います。
●入場者整理、避難誘導等に必要な人員は、使用者側で確保し、責任を持って行って下さい。
 

使用時間

使用時間
 
●使用時間を厳守していただきます。
●時間の延伸、変更については、速やかにホールスタッフ(舞台部責任者、待機場所1Fスタッフルーム、内線16)に連絡、承認を取って下さい。
 
ホール関係内線番号
 
ホール事務    50  
ホールスタッフ    16  
楽屋(小)  18
楽屋(大)  19
舞台下手(操作盤)  22
調整室  21
使用者側控室  17
中央監視室  30
代表電話(外線使用不可能) 03-3471-3200
コイン電話(外線使用可能) 03-5479-4035
 
 
 

出入

出入
 
●関係者の入退館は、楽屋口(山手通り、海寄り)からになります。
●楽屋口の開閉は、使用時間の5分前に、ホール舞台部担当者が行います。
●楽屋口は広い道路に面しており、不用の者の立ち入りも考えられますので、楽屋を空けるときは必ず責任者が楽屋口を施錠して下さい。
 

搬入

搬入
 
●ホール専用の駐車場はありません。但し、搬出入日に限り、搬入口隣接の駐車場(ここは月極駐車場です。)の9、10番で搬出入が可能です。作業車 については、トン数・台数・物件・作業時間を「搬出入届」に遅くとも1週間前までに、記入提出、承認を得ていただきます。公演中の止置きはできません。
●搬入口の開閉、リフトの操作については、ホール舞台部担当者が行います。人間を乗せての昇降は危険ですので、止めていただきます。運搬時は、台から運搬物がはみださないようにして下さい。
 

仕込み

仕込み
 
●原則として、搬入日、仕込日は、ホールスタッフ(舞台、照明、音響)が立会います。設備機器、備品等の使用については、申し出て下さい。
●機器の操作(データー打ち込みを含む)については、ホールスタッフの説明を受けて下さい。
●バトンの操作については、ホール舞台部担当者の指示を受けて下さい。昇降の際は、道具・機材を傷つけないよう気をつけて下さい。キャットウォークに人がいる場合は、原則として昇降は中止して下さい。
●キャットウォーク上での作業時には、自分の存在をバトン操作者にわかるよう、声をかけてから行って下さい。ワイヤー等の吊りものに体を触れないよう注意して下さい。
 
 
 

舞台使用上の注意

舞台使用上の注意
 
●平台や舞台などに打つ釘は、舞台を傷めますので、2寸釘まででお願いします。また釘の斜め打ちは禁止します。尚、舞台框のテープ使用、釘打ちは絶対に止めて下さい。
●ペンキをホール内で使用される時は、持込の養生シートを敷いて作業して下さい。尚、スプレーはホール内では使わないで下さい。
●劇場の幕の裾を上げる時は、安全ピンまたは糸で縫い上げ、幕にテープを貼ることはしないで下さい。
壁に、テープ・釘の使用はお断りします。
●灯体にテープを使用することは、禁止です。
●パンチを貼る際、両面テープを使用する場合はマスキングテープの上から貼るようお願いします。
 

公演中守っていただくこと

公演中守っていただくこと
 
●消防法上、入場者の定員は厳守していただきます。
●仕込から初日まで及び最終日は、各ホールスタッフが立会い、他の期間は、舞台部担当者のみが立会います。
●補助椅子の使用については、舞台部の承認を得て下さい。設営・撤収については、使用者側でお願いします。
●入場者の安全対策については、万全を期して下さい。
●事故(人身、物損を問わず)発生の時は、その大小を問わず、ただちにホールスタッフに連絡して下さい。
●使用者側の人的、物的の事故については、すべて、使用者側の責任とし、当ホールは一切賠償致しません。必要の場合は、使用者側で保険に加入して下さい。
●施設・付属設備・備品等を破損または紛失した際は、実費弁償していただきます。
●所定の場所以外での飲食、喫煙はお断りします。客席・舞台・舞台袖・調整室での飲食、喫煙は、禁止しています。
●公演中、舞台部分及び楽屋内の清掃は、使用者側で行って下さい。
 

楽屋の使用

楽屋の使用
 
●楽屋の管理は、使用者側で行い、盗難防止に心掛けて下さい。
●トイレ、楽屋等不要の電気は、消すよう心掛けて下さい。
●最終の退出者は、火気を点検し、舞台部担当者に連絡、退出していただきます。
 
 
 

駐車場

駐車場
 
ビル地下駐車場は、有料で利用できます(1時間300円、以降30分毎150円、最終21:30まで)が、高さと台数に制限があり、高さは1.5mまでで、満車の節はお断りします。
 

撤収

撤収
 
●撤収にあたっても、搬入日同様、ホールスタッフが立会いますので、その指示に従って下さい。
●施設、付属設備、備品等は、使用終了後元の状態に戻して、担当者に連絡、確認を受けて下さい。
●バラシの時は、舞台・楽屋・ホワイエすべての清掃をお願いします。大ゴミ等はお持ち帰りいただきます。
●フラワースタンド等は、業者に引取を依頼していただくか、使用者側でお引取り下さい。
 

六行会ホール座席表

六行会ホール座席表
<<一般財団法人六行会>> 〒140-0001 東京都品川区北品川2-32-3 TEL:03-3471-3200 FAX:03-3471-3426